ともいき京都とは
代表の挨拶
ともいき京都代表 田村 恵子
 私が看護師として初めて勤務したのは消化器系の病気が多い内科病棟でした。このときから私のがんを病む人たちと向き合う体験が始まりました。その当時「がん」という病名は伝えられることはほとんどなく、患者は疑念や苛立ち・怒りを胸に秘めて入院生活を送っていました。肝臓がんを病むKさんもその一人でした。そのような折、Kさんの家族から病名告知の申し入れがありましたが、主治医が承諾せず、Kさんは新設されたホスピスへ転院されました。しばらくしてホスピス入院中のKさんを見舞ったところ、Kさんはそれまでとは別人のように穏やかな表情で「みんなよくしてくれる。ありがたい」と何度も感謝の気持ちを語られました。こんなに短時間でKさんを変化させたホスピスの力に圧倒されつつも深い関心を抱き、数年後にはホスピスの扉を叩くことになりました。

 あれから25年余りの月日が経過しました。目覚ましいがん治療の進歩により、多くのがん体験者が地域社会で生活する時代となりました。しかし一方では、約4割が再発・転移など再び治療が必要な状態であることも歪めません。抗がん治療の効果が期待できない病期になると、医師より「これ以上の治療の手立てはありません。これからどうされますか?」と尋ねられ、ガイドラインに基づく選択から、ガイドラインなど存在しない「あなたはどう生きるのか/生きたいのか」という生き方の選択を迫られることになります。患者は自分の置かれている状況に気づきながらも直視できず、「なぜ私なのか」「迷惑をかけてばかりだ。早く死にたい」などの言葉を周りに向け続けます。人生の最終章に向かってこうした言葉を発せずにはいられない患者の苦悩はいかばかりでしょうか。患者の呻きを聴くたびに、がんと共に生きるために必要なことは、単に苦痛を和らげたり選択できたりすることではなく、がんと共にどう生きていくのかについて考える力であると身をもって感じてきました。そのためには、がん体験者ががんと診断された時に身に着けた生きる力を見つめなおして、さらに育んでいくことが必要だと思ってきました。

 2015年7月10日より、多くの仲間の熱い思いとそこに集うがん体験者の秘めた力を対話によって結集して、生きる力を育み支え合うコミュニティを創りたいと願って『ともいき京都』の活動を始めました。『ともいき京都』がここで根づいていきますように、多くの方のご支援・ご協力をよろしくお願い申し上げます。

ともいき京都代表  田村 恵子
京都大学大学院医学研究科 人間健康科学系専攻
臨床看護学講座 緩和ケア・老年看護分野
教授 / がん看護専門看護師